img-1

言語聴覚士に関するコラム

言語聴覚士とは聴覚や言語分野等において、障害を持っている人のリハビリを指導する職業になります。



また、上手く食べ物を飲み下せない人の為に訓練をする事も仕事の範囲内です。



この職業では沢山の女性が働いています。


その理由として挙げられるのは患者とコミュニケーションを取るのが大事になるので、話し上手や聞き上手が比較的女性には多く、適性があるからと言えます。



この他にも言語聴覚士は国家資格となるので復職がしやすかったり、夜勤があることも少ない事から結婚をした後でも仕事を続けやすいと言う点があります。



更に産休や育休等の制度が整っている場合があると言うのも魅力的です。
勿論、女性に比べると相対的に数は少なくなってしまいますが、男性か方も就業して活躍しています。

この職業に就くには、養成学校等を卒業して国家試験の受験資格を手に入れることが必要になります。



一口に養成学校と言っても様々な特色があるので、もし入学を希望されている方は幾つかの学校をよく比較検討をして自分にあった所に進学するのをお勧めします。



言語聴覚士の試験については、学校で対策をきちんと練ってくれる所もありますが、やはり難易度は低くはないのできちんと勉強をすることが必要になります。



資格を取った後は、医療機関などで患者に対して理学療法士や医師の方と組んで仕事をして行く事が多いです。



また、それだけではなく教育機関や福祉機関等でも従事をしているケースがあります。

関連リンク

img-2

言語聴覚士に関するコラム

言語聴覚士とは聴覚や言語分野等において、障害を持っている人のリハビリを指導する職業になります。また、上手く食べ物を飲み下せない人の為に訓練をする事も仕事の範囲内です。...

more
img-3

言語聴覚士になるには

言語聴覚士は、1999年に国家資格になったばかりの、まだ新しい資格です。病気や事故によって、言葉というコミュニケーション機能が低下してしまうことがありますが、なぜそうなったのかを把握し、訓練や指導を行う専門家であることの証です。...

more