img-1

言語聴覚士になるには

言語聴覚士というのは、言語障害、聴覚障害、嚥下障害などがある人々に対して、身体の機能を取り戻すためのサポートを行う医療チームのコメディカルスタッフです。



様々な仕事内容がありますが、各障害の原因となっていることを探る検査の補助や、言語、発音、聴覚や嚥下機能の獲得、再獲得に向けての訓練を行うことなどが主です。



従って、専門的な知識や技術の鍛錬が必要になるため、言語聴覚士になるには、そのための学校に通う必要があります。



普通は言語聴覚士の資格が取れる国の指定大学に入って、卒業をすることが手っ取り早いですが、その他にもいくつかルートはあり、ごくごく普通の4年制大学を出たあとに専修大学に入り直して資格取得を目指すか、高校卒業後にやはり国指定の養成所、つまりは専門学校に入ってなるかがあります。



また、外国の関連分野専攻で大学を出た人には、厚生労働省からその要件で国家資格の受験資格ありと認められたら、資格試験を受けて言語聴覚士になるというルートもあります。



医療分野は、医師の資格等もそうですが、各国で定められている法律も違い、やり方も違うので、同様分野で勉学を積んでも、そのままそれを持ってきて仕事をすることが出来ないのです。



就職率としては、実は専修大学より専門学校出の方が多いという統計が出ています。



大学だと学問としてまず学び、知識が必ずしも即戦的でないですが、専門学校はいわば職業訓練を行うので、就職してからの仕事内容が座学的というよりも実践的な職業として、専門学校出の方が重宝がられるのです。



関連リンク

img-2

言語聴覚士に関するコラム

言語聴覚士とは聴覚や言語分野等において、障害を持っている人のリハビリを指導する職業になります。また、上手く食べ物を飲み下せない人の為に訓練をする事も仕事の範囲内です。...

more
img-3

言語聴覚士の活躍の場とは

医療や介護の現場で耳にすることが多くなってきた「言語聴覚士」。これは1997年にできた、比較的新しい国家資格です。...

more